FC2ブログ

ありがとうの魔法・英会話編

2018110305222563c.jpeg

以前、ありがとうの魔法と題して持病が良くなった話を書いたのですが、ありがとうという言葉は世界共通ですごくいいエネルギーだと思うのですよ。

英語でもそうだと思います。

普通、英会話で ”Thank you. “ に返す答えとして

You are welcome.
No problem.
My pleasure.
Sure.

などと習いますよね。

ここで、ちょっといい返事の仕方があるんですよ。

それは、

サンキュー返し

Thank you. の、youの部分を強く言うのです。「あなたにこそありがとう😊」という感じです。

家族や友達同士でも、お店などでも、サンキューと言われたらこのサンキュー返しでニッコリすれば、ちょっとお茶目風味で場が和みます。

ありがとうといえば言うほど自分の気持ちも上がるような気がするので、私はよくサンキュー返しを使っています。

スポンサーサイト
14:38 | 日々の雑記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

ひっくり返ってる

IMG_7730.jpg

辻真理子さんの『宇宙の羅針盤』によりますと、この地球の人達は”ひっくり返っている”のだそうです。

人間がひっくり返っているというのがどういうことなのかはよく理解出来ませんが、

人間がやる事がひっくり返っている

ということは、ずっと思っていたことなのでそれと関係があるのかもしれないと思いました。

というのも、自分も含めて困難な状況を作っている原因は、目的と手段が入れ替わっている(ひっくり返っている)ことが殆どだからです。

例えば、あるグループでの親交を深めるためにピクニックをしようという事になります。

ところが、詳細を決める過程で場所や日程の調整が難しかったりピクニックは嫌だという人が多数出てきます。

ピクニックというのは皆で楽しんで親交を深める(という”目的”の)ための”手段”にすぎないので、じゃあ他の方法を(場所や日程を変更する、他のイベントを検討する、等)考えましょうかということにすればいいことですよね。

ところが、多くの場合、特に話し合いが長引くにつれて、いつの間にか”手段”であるピクニックをどう実行するか、の方が目的になってしまいがちなのです。

しかもいつの間にか、ピクニックを『実行するか』『実行しないか』という二択になって『実行するためにはどうするか検討する』ことが目的となってしまうのです。あれれ?

生きる知恵を学ぶための学校で、宿題をこなすことやテストでよい点をとる事がいつの間にか目的になってしまったり。

食べるため、楽しい事をするためにお金を稼ぐことがいつの間にか目的になってしまったり。

皆が幸せに安全に暮らすための政治(政策)がいつの間にか目的になってしまったり。

手段にこだわりすぎて、本来の目的を見失ってしまう。

幸せになるための手段のはずが、その手段に固執しすぎてしまって苦しんだり憎みあったり喧嘩したり。

例えば、規則。

規則というものは、『皆がお互いに気持ちよく過ごせるように共通のルールを作りましょう』という了解事項で、単なる手段にすぎないので、現状にそぐわなかったりもっと改善出来ると思えば皆で話し合って変えればいいことですよね。

そこにこだわりすぎて、苦しみが生まれる。『皆がお互いに気持ちよく過ごせるように』という目的がいつの間にか忘れ去られてしまう。

家でも学校でも職場でも、自分が困難だった状況はほとんど全てが、手段が目的になってしまった事に起因しています。

ひっくり返っている、というのって、そういう事なのかなと思います。
08:21 | 日々の雑記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

巻貝のオルゴナイト

キッチンが鬼門にあるので、清潔にするように心掛けています。

丁度鬼門にあたるこのコーナーも、気を清めてくれるというトラノオを置いてます。まあ、気とかみえないので深く突っ込まれるとあれなんですけど、植物を見るだけでも幸せになるので。

ここにも自分の好きなものを大集合させていて、毎日見ながら幸せな気分にさせてもらっています。

さてここで本題です。

201809290054452ea.jpeg


この中にこっそりとオルゴナイト を置いているのですよ。

それはこの巻貝ちゃん達。

201809290100384b7.jpeg


いかにもな感じのものが苦手なので、何かいいものはないかと探してたら、ありましたよ。ぴったりのものが。

この巻貝のぐるぐるの中に、水晶とかブラックトルマリンとか四酸化鉄とか銅線とかアルミ線などが隠されています。

シリコンモールドよりも自然の造形美が一番デザインや渦巻きも完璧ですものね。巻貝の先端まできっちりレジンを流し込むようにちょっと工夫しています。

先日の満月の日に、全部エネルギーチャージして「この場から愛がもたらされますように」と願いを込めて作りました。

20180929005525156.jpeg


20180929005510ac1.jpeg


ニューエイジっぽさがなくていいでしょ。誰もここにオルゴナイト が沢山あるとは思わないでしょうね。ふふふ。

それから、アルミニウムを入れた理由。

アルツハイマーの原因になるとか松果体にダメージがくるとかケムに混ぜられてるとか、色々と悪者扱いのアルミニウムも、人間が悪意を持ってやってたり人間にとって都合が悪いだけでアルミニウムそのものは悪くはないと思うのですよ。まあ避けてはいますが、嫌ってはいないのですよ。

で、悪者扱いしてごめんなさい。どうかここで愛をもたらすお手伝いをしてもらえますか?という祈りを込めて使わせてもらいました。

リアルでこんな話はしませんが、ここだけの話。

さておき、巻貝のオルゴ、いいと思いません?
10:01 | 日々の雑記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

ワイン樽の畑

20180530065929164.jpeg

2018053006593293d.jpeg

ワイン樽の底にあけた穴から抜いたもの。厚さ2.5センチ位あります。オーク材のいい香りにワインの香りがほんのりとします。非常に硬くてドリルビットが折れました。

水抜き穴をいくつかあけて、底に水はけを良くするマルチを厚めに敷いて、去年作ったコンポストを入れました。コンポストはもう少し熟成させたいので、このままカバーをしてここでねかせます。

(すごく暑くなってきたので)今日の農作業はひとまずおしまい☆
16:00 | 日々の雑記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑

またマトリックス

息子がまた観たいと言うので、マトリックスシリーズを観ています。(PG-13なので本当は子供には観せちゃいけないのですが)

この映画、色々と示唆されているので色んな所で色んな事を語られていますよね。

昨日観てて感じたのは、これってイスラム教の終末論ともちょっと似てるな・・と。

イスラム教の終末論についてはこちらのブログ(http://isearth.blog.fc2.com/blog-entry-854.html)に書かれていまして、

『しかし、アル・ダジャールの天国は実は地獄であり、地獄は天国であるので、この時、人々はアル・ダジャールの差し出す地獄を選ばなくてはならないが、その奇跡を目にした、多くの女性はアル・ダジャールを信じ、多くの者はアル・ダジャールを選んでしまう』

という部分が、マトリックスの赤いピルと青いピルの選択とすごく似てると思ったのです。

ちょっと違う部分は、イスラム教の終末論ではまず奇跡を見せられて天国のように見える世界か地獄のような世界を選択し、映画マトリックスの場合は(事前には具体的に知らされない)真実もしくは現状維持の二者択一を迫られるのですが、

赤いピルを選んだら本当の世界・・ザイオン: AIに支配される地獄のような真実の世界

青いピルを選んだら虚構の世界・・マトリックス: 人間電池として利用されていてもそれには一生気付かずに天国とはいかないまでも衣食住に不自由しない夢の世界に留まる

という究極の選択を迫られる訳です。

これって、実際に決めないといけないとなると・・難しいです。真実の世界で人間本来の人生を取り戻したいと頭の中では選択できても、実際にその苦しい世界に長くいると虚構でもいいからいい夢見たいって思ってしまいそうで。映画の中で裏切ってしまうサイファーの気持ちも分からないでもないんですよね。

う~ん、長い間強い意志と精神力を必要とする、なかなか難しい選択ですね。。
16:01 | 日々の雑記 | comments (0) | trackback (-) | edit | page top↑